妊娠すると糖尿病になるの?~妊娠時の意外な罠~

妊娠糖尿病について

妊娠糖尿病とは、妊娠前は正常であったものの、妊娠中に血糖値が上昇する病気のことです。
妊娠中に高血糖状態が続くと、妊娠高血圧症候群流産赤ちゃんの体重が増えすぎることで難産になるといったリスクがアップします。
母子ともに健康な状態で妊娠期間を過ごして無事に出産を迎えるには血糖値の適正な管理が必要です。そこで今回は、妊娠糖尿病についての正しい知識と予防方法について詳しく解説します。

妊娠と糖尿病の関係~妊娠すると糖尿病になりやすい?~

妊娠すると血糖値のコントロールが妊娠前よりも悪くなるため、糖尿病になりやすくなることが分かっています。
というのも、飲食によって上昇した血糖値を下げるのは膵臓から分泌されるインスリンというホルモン。このインスリンの働きは、胎盤から放出されるホルモンの作用によって抑えられるからです。その結果、血糖値のコントロールが上手くできなくなり、血糖値が高い状態が続く糖尿病を発症しやすくなると考えられています。
妊娠糖尿病は妊娠週数が進むにつれて発症頻度が高くなり、妊婦健診では妊娠初期・中期に血糖値を調べる検査を行うのが一般的です。全ての妊婦さんの7~9%は妊娠糖尿病を発症するとのこと。決して頻度が低い妊娠中のトラブルではありませんので、医師の指示に従って検査を受けることが大切です。

妊娠糖尿病にならないためにできること

妊娠糖尿病は、妊娠や出産の過程に様々なリスクをもたらします。そのようなリスクを減らすためにも、妊婦さんは日頃から妊娠糖尿病の発症を予防していかなければなりません。 具体的にどのような対策が必要なのか見てみましょう。

糖尿病にならないために妊婦さんが気を付けること

妊娠糖尿病を予防するには毎日、バランスのよい食事を摂るよう心がけることが大切です。適正カロリーをキープして過度な体重増加を防ぎ、糖分や油分を抑えた食事を摂りましょう。
妊娠中はお腹が空きやすくなりますので、間食を減らすには一日の食事を4~6回に小分けして食べるのもおすすめです。また、様々な研究の結果、植物性たんぱく質を多く摂っている妊婦さんは妊娠糖尿病の発症リスクが約30%も低下することが分かっています。カロリーや食事回数だけでなく、豆類やナッツ類といった植物性たんぱく質など、血糖値の上昇を抑える食材を積極的に摂るのもよいでしょう。
また、妊娠糖尿病を予防するには、適度な運動習慣を身に付けることも大切です。ウォーキングやマタニティヨガなど妊娠中でも無理なくできる有酸素運動を1回20分以上行うのがおすすめ。気分転換にもなりますので、妊娠中のストレス解消にも役立ちます。
ただし、切迫流早産など妊娠中のトラブルがある方は要注意。運動が症状を進行させる原因になることもあります。運動をするときは、自己判断で行うのではなく医師や助産師の指示に従って進めるようにしましょう。

妊娠糖尿病になったらどうなるの?

食事や運動などの生活習慣に注意していても、万が一妊娠糖尿病を発症した場合はどのようなことに注意すればよいでしょうか?詳しく見てみましょう。

妊娠糖尿病になったら食事はどうする?

妊娠糖尿病と診断された場合は、第一に食生活を見直すことが大切です。適切な食生活を心がけることで血糖値を安定させることもできます。
具体的には、摂取カロリーを守った栄養バランスのよい食事を心がけ、植物性たんぱく質など血糖値上昇を抑える働きのある食材を多めに摂ることが大切。次のページもぜひ参考にしてください。

どんな制限がある?糖尿病の食事療法について

妊娠糖尿病で入院する場合の入院費は?

妊娠糖尿病の方は、食事療法などを行っても血糖値が安定しない場合インスリンの自己注射による治療が必要となります。血糖値を下げる内服薬は胎児に悪い影響を与えることもあるため、胎児に害のないインスリン治療が行われるのです。
そのため、インスリン治療を開始するための「教育入院」が必要になるケースも少なくありません。入院費用は医療機関によって異なりますが、一日あたり20000円以上になることもあります。妊娠糖尿病で入院が必要になった場合は、かかる費用について事前に医療機関に問い合わせておきましょう。費用については以下のページも参考にしてみてください。

糖尿病の検査・入院・薬の費用はいくらくらいかかる?

妊婦さんや赤ちゃんへの影響は?

上述したように妊娠糖尿病は妊婦さんと胎児に様々な影響を与えます。
まず、妊娠糖尿病は妊娠高血圧症候群の発症リスクをアップさせます。妊娠高血圧症候群は放置すると母子の命に関わる危険も高いため最も注意しなければならない妊娠トラブルの一つです。また、妊娠糖尿病は羊水が増えたり、流産や早産をしやすくなったりすることも知られています。その他、高血糖状態が続くと免疫力が低下するため、腎盂腎炎や膀胱炎などの感染症を発症しやすくなる方も…。出産後にそのまま糖尿病に移行してしまうケースも少なくありません。
また、胎児は出生体重が4000g以上の巨大児になるリスクが非常に高く、難産や帝王切開になる可能性が高まります。さらに、生まれた赤ちゃんは低血糖や黄疸になりやすいことも分かっており、将来的に肥満になる危険もあるため注意が必要です。

分娩時の影響は?

妊娠糖尿病は胎児が巨大児になりやすいため、自然分娩ができず帝王切開になるリスクが高いとされています。また、羊水が多くなりやすいことで弱い陣痛しか起こらず、自然分娩の途中から帝王切開に切り替えられるケースも少なくありません。
このようなリスクを減らすためにも、万が一妊娠糖尿病を発症した場合は血糖コントロールに向けた適切な治療や対策を行っていくことが大切です。

2回目の妊娠時に向けて

前回の妊娠時に妊娠糖尿病を発症した方は、2回目以降の妊娠時にも糖尿病を発症するリスクが高くなります。そのため、次の妊娠の際には初期段階から食事内容に注意し、通常の妊婦健診で行われるよりも多く血糖値の検査を受けて状態をチェックしていくことが必要です。
また、妊娠糖尿病は、出産後そのまま糖尿病に移行することがあります。次の妊娠に向け、産後も定期的な血糖値の検査を受けるようにしましょう。

定期的な糖尿病検査を

一般的に、妊婦健診では妊娠初期と中期に血糖値の検査が行われます。その際に血糖値が高めな妊婦さんには、糖分が含まれた飲料を服用して血糖値の変動をチェックする「空腹時経口ブドウ糖負荷テスト」が行われます。

しかし、前回の妊娠時に妊娠糖尿病を発症した方、肥満体型の方、家族に糖尿病患者がいる方、35歳以上の方などは妊娠糖尿病の発症リスクが高いため、通常の妊婦健診以外にも血糖値の検査を受ける必要があります。

医師や助産師の指示に従って検査を行っていくようにしましょう。

おすすめ糖尿病クリニック

【糖尿病クリニックガイド】がおすすめする主要都市で安心して糖尿病検査が受けられる糖尿病専門医のクリニックをご紹介いたします。 それぞれおすすめポイントを掲載していますので、ぜひご参考ください。

東京エリア

東京のおすすめクリニック1

三鷹駅前内科・内視鏡クリニック

おすすめポイント
  • 日本糖尿病学会認定の糖尿病専門医が在籍!
  • 糖尿病療養指導管理栄養士による栄養指導にも尽力!
  • 2019年4月オープンの新しいクリニックJR三鷹駅から徒歩1分

詳細はこちら

東京のおすすめクリニック2

五十子クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病と共に他の生活習慣病の治療も同時に受けることが可能
  • 医学的な治療だけでなく運動や栄養学を融合した医療を提供!
  • 都内では珍しく駐車場完備!小田急線経堂駅から徒歩7分の立地!

詳細はこちら

東京のおすすめクリニック3

かがやき内科・糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 医師歴20年以上の院長は糖尿病専門医で内分泌代謝科指導医資格なども保持!
  • 各種血液検査装置を揃えており、10分ほどで迅速に結果を知ることが可能
  • 都営浅草線高輪台駅から徒歩1分で周辺にはコインパーキングも点在!

詳細はこちら

神奈川エリア

神奈川のおすすめクリニック1

こみ糖尿病内科

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医資格を持つ女性院長による、きめ細やかな医療を提供!
  • ガイドラインを元に患者さま一人ひとりに合わせた「オーダーメイド」な診察を実施!
  • 糖尿病療養指導士管理栄養士が在籍し、治療だけでなく生活指導や栄養相談も実施!

詳細はこちら

神奈川のおすすめクリニック2

H.E.C サイエンスクリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医・専門医が複数在籍。治療や生活指導のノウハウはバッチリ!
  • 食事指導や運動指導を行う研修センターを併設。薬治療だけでなく生活改善にも尽力
  • 近隣の医療機関と密な連携をとり、緊急性のある合併症への迅速な対応も可能!

詳細はこちら

神奈川のおすすめクリニック3

つつじ内科クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医資格を保持する院長が全般的な内科的疾患の診療に従事!
  • 地域に根付いた医療をモットーに、温かく優しい対応が好評の理由!
  • 医科歯科連携を構築し、全身の健康をサポート。糖尿病と関連する歯周病ケアもバッチリ!

詳細はこちら

埼玉エリア

埼玉のおすすめクリニック1

田中内科 大宮糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医である院長と看護師、管理栄養士からなるチームが治療や生活改善をサポート!
  • 糖尿病に併発しやすい高血圧症・脂質異常症・高尿酸血症などの生活習慣病の治療も!
  • 大宮駅徒歩2分の好立地!長期間に渡る糖尿病治療の通院も苦になりにくい!

詳細はこちら

埼玉のおすすめクリニック2

つのだ内科糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 患者さまの立場にたった診療をモットーに医師や看護師など全てのスタッフが親身に対応!
  • 地域の医療・福祉機関と密な連携をとり、高度な医療機関や福祉サービスへの橋渡しも充実!
  • AGAやEDなど加齢によって生じる男性特有の病気の治療にも積極的に取り組んでいる!

詳細はこちら

埼玉のおすすめクリニック3

草加パートナーズ内科・糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 「全身の血管疾患」の予防と治療の理念を引き継ぎ、糖尿病による合併症予防に注力!
  • 地域のかかりつけ医を目指し、糖尿病だけでなく幅広い内科疾患に対応している!
  • インスリンの早期導入も行っており、外来で使用上の注意などを徹底指導!

詳細はこちら

千葉エリア

千葉のおすすめクリニック1

新松戸内科・糖尿病 こばやしクリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医資格を持つ経験豊富な院長が、糖尿病をはじめとした幅広い疾患の診療に従事!
  • 糖尿病などの生活習慣病などの検査機器が充実。糖尿病の合併症検査もばっちり!
  • 通院も苦にならない便利な立地!駅から近く、駐車場も完備!

詳細はこちら

千葉のおすすめクリニック2

とくやまクリニック

おすすめポイント
  • 「まちのお医者さん」を目指しつつ、糖尿病専門による専門性の高い医療を提供!
  • フィットネスクラブを併設し、適正な血糖値をコントロールしていく上で必須の運動も行える!
  • 糖尿病療養指導士や管理栄養士が在籍し、運動や食事など生活習慣の改善を徹底サポート

詳細はこちら

千葉のおすすめクリニック3

おもて内科糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医と循環器専門医や腎臓専門医などの資格を保持する医師達が地域に根付いた医療を提供!
  • 糖尿病治療はもちろんのこと、合併症の専門的な検査や治療を受けることが可能
  • 人工透析治療を実施。万が一、糖尿病による腎症が重症化した場合もスムーズに人工透析に移行!

詳細はこちら

東京エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

神奈川エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

埼玉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

千葉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

日本の糖尿病患者の寿命について

日本の糖尿病患者の寿命について

糖尿病とストレスの意外な関係とは

糖尿病とストレスの意外な関係とは

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~