糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

新型コロナウイルスが世の中を震撼させている今、医療現場にも大きな変化があります。患者さんの「受診控え」もその一つ。医療機関は新型コロナウイルスをはじめとする病原体に感染しやすい場所でもありますので、感染を避けるため定期的な検査や治療が必要でも病院を受診しない方が増えているのです。
とくに、糖尿病は免疫力が低下しやすくなる病気。疑いがある方を含めて「受診控え」をする方も多いのが現状でしょう。しかし、糖尿病は早い段階から適切な治療を続けていかないと恐ろしい合併症を引き起こす病気でもあります。
そこで今回は、新型コロナウイルス感染のリスクを避けて糖尿病治療や検査をストップするのは正しいことか否かについて詳しく解説します。糖尿病と新型コロナウイルスの関係についても見てみましょう。

糖尿病の感染症リスク

糖尿病は感染症にかかりやすいのか

糖尿病は、インスリンというホルモンが十分に分泌されなくなったり、うまく機能しなくなったりすることによって血糖値が上昇する病気です。血糖値が高い状態が続くと、血管がダメージを受けて動脈硬化が引き起こされます。その結果、全身のさまざまな部位に十分な血液が行き渡らなくなり、白血球などの免疫に関わる細胞の働きが低下することが分かっています。
また、傷口が感染したり、風邪をひいたりすると治るまでに時間がかかるのも糖尿病の特徴です。つまり、糖尿病を発症すると感染症にかかりやすくなる上に、治りにくくなってしまうのです。
糖尿病患者さんがかかりやすい感染症には具体的に次のようなものが挙げられます。

尿路感染症

尿の通り道である尿道の入り口から細菌が入り込み、膀胱や尿管に炎症を引き起こす病気です。発症すると腹痛、発熱、排尿時の痛み、残尿感などの症状を引き起こします。また、重症化すると炎症が腎臓にまで及んで腎盂腎炎に進行することも。39度以上の高熱や悪寒などの重症な症状が現れることもあります。
特に、尿管結石がある方は尿路感染症を起こしやすくなる
                ため注意
が必要です。

呼吸器感染症

肺や気管支などの呼吸器官に細菌やウイルスが感染して炎症を引き起こす病気です。発症すると発熱、咳、痰などの症状を引き起こし、重症化すると呼吸機能が低下して呼吸困難となるケースも少なくありません。人工呼吸器が必要になることもあり、とくに高齢者や免疫力が低下している方は死に至る可能性がある病気でもあります。

皮膚感染症

皮膚は本来、角質層によるバリアに守られている器官です。しかし、角質層の構造が乱れたり、皮膚に傷ができたりするとそこから細菌やウイルス、真菌(カビ)などが入り込んで感染を引き起こすことがあります。このような病気の総称を皮膚感染症と呼びますが、糖尿病患者さんは皮膚が乾燥しやすくかゆみを起こしやすくなることがあります。そのため、これらの皮膚感染症を発症しやすくなるのも特徴の一つです。

歯周病

歯と歯茎の隙間に歯周病菌などの細菌が感染し、炎症を引き起こす病気です。発症すると歯と歯茎の隙間に深い「ポケット」のような空間ができ、歯茎の痛み、腫れ、出血などを引き起こします。進行すると歯茎が短くなり、最終的には歯が抜け落ちることも。
糖尿病の方は免疫力が低下する上に口の中が乾燥しやすいため歯周病を発症しやすくなります。
また、近年の研究では、歯周病になると炎症を引き起こす物質が全身を巡るようになるためインスリンの作用が低下し、糖尿病を悪化させることが分かっています。

ではコロナウイルスの感染リスクは?

新型コロナウイルスは、免疫力が低下しがちな方が感染しやすいと考えられています。そのため、糖尿病患者さんの中には新型コロナウイルス感染を過度に恐れる方がいるのも事実です。
しかし、糖尿病患者さんだからといって新型コロナウイルスに感染しやすいというわけではありません。現在、世界中で新型コロナウイルスに関する研究が進められており、さまざまな研究結果が続々と発表されています。新型コロナウイルスと糖尿病の関係を調べた研究も多く、中国では新型コロナウイルス感染者2018名の中で糖尿病の方の割合は10.3%であったことを発表しました。この割合は中国全土の糖尿病罹患率10.9%とほぼ同率。イタリアなどでも同じような研究結果が上がっています。
新型コロナウイルスに関してはまだまだ分かっていない部分も多いですが、現時点では糖尿病にかかっていると新型コロナウイルスに感染しやすくなると言い切ることはできないと考えられます。

重症化や合併症併発のリスクは?

糖尿病は新型コロナウイルス感染のリスクになるとは考えられないとはいえ、免疫力の低い患者さんは感染すると重症化しやすいのも事実です。日本糖尿病学会なども新型コロナウイルスが重症化するリスクがあるとして注意喚起を行っています。また、国際糖尿病連合によれば、ウイルスは血糖値が高いと増殖しやすくなるため、感染すると治るまで時間がかかるとのこと。
新型コロナウイルスに感染すると発熱などの影響で糖尿病が悪化することも多く、合併症を併発するリスクも高くなりますので注意が必要です。

コロナウイルス感染拡大下でも糖尿病検査に行くべき?

糖尿病は重度な合併症が生じるまで、自覚症状が現れにくい病気です。糖尿病と診断されて治療をしていても、治療効果を実感できることはまずありません。また、健康診断などで高血糖を指摘されても精密検査を受ける必要があるのか疑問に思う方もいるはず。
そのため、新型コロナウイルスが落ち着いたら検査を受けようと考えている方、治療を再開しようと考えている方も少なくないでしょう。
しかし、糖尿病は自覚症状がないまま進行する病気です。放置することで重篤な合併症を引き起こしてしまうことも少なくありません。合併症の発症を防ぐためにも、糖尿病は早期に発見し、早い段階で治療を始めることが大切です。
新型コロナウイルスが心配で病院に行きたくない…という気持ちももっともですが、当サイトでは新型ウイルス感染対策を徹底しているクリニックをご紹介しています。感染対策が行き届いているクリニックであれば、院内で感染するリスクは低くなります。各クリニックのHPでどのような感染対策が行われているか確認してみましょう。

命の危険性も!糖尿病を放置してはいけない2つの理由

合併症を引き起こす要因となる

糖尿病を放置すると血液中を流れる過剰な糖分が血管の壁を傷つけ、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化が生じた血管は血流が悪くなるため、全身にさまざまな合併症が現れることに。
とくに糖尿病で多いとされる合併症は「網膜症」・「腎症」・「末梢神経障害」です。糖尿病による網膜症は、物を見るのに必要な神経や細胞が集まった網膜の血管が動脈硬化を引き起こすことで、網膜の機能が低下していきます。最終的に失明する方も多いのも特徴の一つ。腎症は腎臓の血管が動脈硬化を引き起こすことで腎機能が低下し、最終的には人工透析や腎移植が必要となります。そして、末梢神経障害は神経への血流が低下することによって引き起こされ、感覚の低下やしびれなどの症状を引き起こします。これらの合併症は直接命を落とす原因にはなりませんが、「生活の質」を大きく下げることにつながります。
また、糖尿病患者はがんの発症率が20%高まるとのデータもあり、命に関わる病気を引き起こしやすいと考えられています。

ウイルスや細菌への抵抗力が低下する

上述したように、新型コロナウイルスは糖尿病だからといって感染するリスクが高まるということはありません。しかし、万が一感染すると重症化しやすいのは事実です。
糖尿病は白血球などの免疫に関わる細胞の働きを弱めるため、免疫力は低下。ウイルスや細菌への抵抗力が低下するため、重症化したり、治るのに時間がかかったりするのです。
新型コロナウイルスが収束した場合でも、今後いつ同じような感染症の爆発的な拡大が起こるかわかりません。糖尿病患者がかかりやすい新たなウイルスや細菌が発生する可能性も否定できませんので、定期的に検査や健診を受けることで糖尿病の早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

東京エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

神奈川エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

埼玉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

千葉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

日本の糖尿病患者の寿命について

日本の糖尿病患者の寿命について

糖尿病とストレスの意外な関係とは

糖尿病とストレスの意外な関係とは

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~