糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病が引き起こす合併症

糖尿病は血糖値が上昇する病気ですが、初期段階での自覚症状はほとんどありません。しかし、血糖値が高い状態が長く続くことにより、全身にさまざまな影響を及ぼすようになります。特に血管への影響は大きく、深刻な「動脈硬化」を引き起こすことが知られています。そして生活の質を大きく低下させる合併症命に関わる恐ろしい合併症を引き起こすことも…。
糖尿病にはどのような合併症があるのか詳しく見てみましょう。

合併症の種類

糖尿病は単に血糖値が上昇するだけではなく、その結果として多くの合併症を引き起こすことが問題となる病気です。糖尿病の合併症はさまざまありますが、代表的なものを挙げると次のようなものがあります。

糖尿病の三大合併症とは?

糖尿病は上でも述べた通り、全身の血管に動脈硬化を引き起こします。動脈硬化とは、血管の壁が柔軟性を失って硬くなったり、血管の内部が詰まったり狭くなったりする病気のこと。動脈硬化を発症すると血流が悪くなり、さまざまな症状が引き起こされます。
とくに糖尿病による動脈硬化は細い血管に及ぶことも多く、いわゆる三大合併症と呼ばれる「網膜症・腎症・末梢神経障害」を引き起こしやすいことが知られています。それぞれの詳しい特徴を見てみましょう。

1 網膜症

網膜は目の奥に存在し、視力を司る大切な組織です。この網膜が正常に活動するには、多くの栄養と酸素が必要。そのため、網膜には多くの血流がキープされています。
糖尿病が悪化し、網膜に血液を送る血管が動脈硬化を起こしてしまうと、詰まったり、破れたりすることで網膜に大きなダメージが加わることに…。そして、目のかすみ視界に細かいゴミが舞うような「飛蚊症」と呼ばれる症状が現れ、最終的には失明に至ります。日本での失明の原因で最も多いのが、この糖尿病による網膜症です。

2 腎症

腎臓は尿を生成する臓器。詳しく見ると非常に細かい血管が固まってできており、血流が非常に多いのが特徴です。というのも、腎臓は流れついた血液から老廃物や余分な水分をろ過することで尿を生成するからです。 糖尿病による動脈硬化はこの腎臓の細かい血管にも及びます。そして、腎臓への血流が低下すると腎臓の機能は低下。結果として正常に尿が作られなくなります。尿は、私たちの身体から老廃物や余分な水分を排出するためのものです。そのため、尿が正常に排泄されなくなると体内に老廃物や水分が溜まり、「尿毒症」を引き起こすことなります。 腎症を発症すると厳しい食事制限や運動制限が必要となり、最終的には人工透析や腎移植が必要になります。日本での人工透析導入原因で最も多いものが、失明と同じく糖尿病による腎症です。

3 末梢神経障害

私たちの身体にはいたるところに痛みや温度などを感知したり、筋肉を動かしたりするための神経が張り巡らされています。脊髄や脳など太い神経の束から分岐する神経を「末梢神経」と呼びますが、糖尿病はこの末梢神経にもダメージを与えることがあります。 とくに手足の先端の末梢神経に異常を引き起こすことが多く、原因は動脈硬化によって末梢神経へ送られる血流が低下することです。 末梢神経障害を発症すると、まず手足のしびれが現れます。そして、徐々に痛みの感覚なども失われ、足先など目につきにくい部位の小傷が悪化して化膿するまで気づかなくなることも…。最終的には足先の組織が腐った状態となり、脚を切断せざるを得ないケースも少なくありません。

動脈硬化は命に関わる合併症を引き起こすことも?

糖尿病による動脈硬化は上述した細かい血管のみに起こるわけではありません。心臓や脳など私たちが生きていく上で重要な臓器の血管にも及ぶことがあります。 心臓の筋肉を動かすために必要な酸素や栄養を運ぶのは「冠動脈」と呼ばれる血管ですが、この血管が動脈硬化を引き起こして狭くなったり、詰まったりすると狭心症心筋梗塞を発症。脳の血管に及ぶと脳梗塞脳出血の発症率が高くなります。 これらの病気は、発症すると命に関わることも多く、助かった場合でも麻痺など深刻な後遺症を残すことは少なくありません。また、前触れもなく突然発症するケースが多いため、日ごろから発症を予防するような生活を続けていくことが大切とされています。

動脈硬化以外の合併症

糖尿病の合併症は動脈硬化によって引き起こされるものだけではありません。 血糖値が高い状態が続くと、身体の免疫力を担う白血球などの細胞の働きが低下することが分かっています。そのため、糖尿病を発症すると免疫力が低下して傷が治りにくくなったり、風邪を引きやすくなったりするのです。
また、近年では歯茎の炎症である「歯周病」によって、体内に炎症を引き起こす物質が多く作り出されるためにインスリンの働きが悪くなり、血糖値が上昇しやすくなることが分かっています。そして、糖尿病を発症・悪化させることで免疫力は低下。さらに歯周病が悪くなり、糖尿病も悪化という負のスパイラルに陥ることも指摘されています。このため、歯周病は糖尿病の合併症の一つと考えられています。

合併症になったら?

糖尿病による合併症を発症した場合は、できるだけ早く病院で適切な治療や生活改善の指導を受けることが大切です。 とくに、網膜症・腎症・末梢神経障害は正しい対処を続けていかなければ失明や人工透析導入、脚の切断など生活の質を大きく損なう状態に陥ることになります。疑わしい症状がある段階で病院を受診すれば、そのような状態に陥るのを食い止めることも可能です。 もちろん血糖値を正常な状態にキープするための薬物療法などは必要ですが、食事や運動、喫煙など糖尿病を悪化させる原因となる生活習慣も改善していくようにしましょう。 また、近年の研究では、歯周病の治療をすると血糖値が下がるとの報告も多数挙がっています。口臭、歯茎からの出血、歯のぐらつきなど気になる症状がある方は歯科医院で診察や治療を受けることが大切です。

合併症の併発を防ぐには?

糖尿病による合併症の併発を防ぐには、何よりも糖尿病の早期発見・早期治療が大切です。糖尿病は初期段階では自覚症状が現れにくく、ご紹介したような合併症が現れて初めて病院やクリニックで受診する方も少なくありません。 糖尿病を早期発見するには、定期的に血液検査を受けてご自身の血糖値の状態を把握する必要があります。どこも悪いところがなければ病院に行く機会はない…という方も多いでしょうが、糖尿病だけでなく、さまざまな病気の早期発見・早期治療のためにも半年~1年に一度は血液検査などを受けるようにしましょう。

 

まとめ

糖尿病は、血糖値が高い状態が続くことでさまざまな合併症を引き起こします。網膜症・腎症・末梢神経障害など最終的には生活の質を大きく低下させるもの、心筋梗塞や脳卒中など命に関わるものなどさまざまです。また、免疫力を低下させたり、歯周病を引き起こしたりすることも…。
このような合併症の併発を防ぐには糖尿病の早期発見・早期治療が何よりも大切です。糖尿病には初期症状がほとんどありませんので、定期的に血液検査を受けるようにしましょう。

おすすめ糖尿病クリニック

【糖尿病クリニックガイド】がおすすめする主要都市で安心して糖尿病検査が受けられる糖尿病専門医のクリニックをご紹介いたします。 それぞれおすすめポイントを掲載していますので、ぜひご参考ください。

東京エリア

東京のおすすめクリニック1

三鷹駅前内科・内視鏡クリニック

おすすめポイント
  • 日本糖尿病学会認定の糖尿病専門医が在籍!
  • 糖尿病療養指導管理栄養士による栄養指導にも尽力!
  • 2019年4月オープンの新しいクリニックJR三鷹駅から徒歩1分

詳細はこちら

東京のおすすめクリニック2

五十子クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病と共に他の生活習慣病の治療も同時に受けることが可能
  • 医学的な治療だけでなく運動や栄養学を融合した医療を提供!
  • 都内では珍しく駐車場完備!小田急線経堂駅から徒歩7分の立地!

詳細はこちら

東京のおすすめクリニック3

かがやき内科・糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 医師歴20年以上の院長は糖尿病専門医で内分泌代謝科指導医資格なども保持!
  • 各種血液検査装置を揃えており、10分ほどで迅速に結果を知ることが可能
  • 都営浅草線高輪台駅から徒歩1分で周辺にはコインパーキングも点在!

詳細はこちら

神奈川エリア

神奈川のおすすめクリニック1

こみ糖尿病内科

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医資格を持つ女性院長による、きめ細やかな医療を提供!
  • ガイドラインを元に患者さま一人ひとりに合わせた「オーダーメイド」な診察を実施!
  • 糖尿病療養指導士管理栄養士が在籍し、治療だけでなく生活指導や栄養相談も実施!

詳細はこちら

神奈川のおすすめクリニック2

H.E.C サイエンスクリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医・専門医が複数在籍。治療や生活指導のノウハウはバッチリ!
  • 食事指導や運動指導を行う研修センターを併設。薬治療だけでなく生活改善にも尽力
  • 近隣の医療機関と密な連携をとり、緊急性のある合併症への迅速な対応も可能!

詳細はこちら

神奈川のおすすめクリニック3

つつじ内科クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医資格を保持する院長が全般的な内科的疾患の診療に従事!
  • 地域に根付いた医療をモットーに、温かく優しい対応が好評の理由!
  • 医科歯科連携を構築し、全身の健康をサポート。糖尿病と関連する歯周病ケアもバッチリ!

詳細はこちら

埼玉エリア

埼玉のおすすめクリニック1

田中内科 大宮糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医である院長と看護師、管理栄養士からなるチームが治療や生活改善をサポート!
  • 糖尿病に併発しやすい高血圧症・脂質異常症・高尿酸血症などの生活習慣病の治療も!
  • 大宮駅徒歩2分の好立地!長期間に渡る糖尿病治療の通院も苦になりにくい!

詳細はこちら

埼玉のおすすめクリニック2

つのだ内科糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 患者さまの立場にたった診療をモットーに医師や看護師など全てのスタッフが親身に対応!
  • 地域の医療・福祉機関と密な連携をとり、高度な医療機関や福祉サービスへの橋渡しも充実!
  • AGAやEDなど加齢によって生じる男性特有の病気の治療にも積極的に取り組んでいる!

詳細はこちら

埼玉のおすすめクリニック3

草加パートナーズ内科・糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 「全身の血管疾患」の予防と治療の理念を引き継ぎ、糖尿病による合併症予防に注力!
  • 地域のかかりつけ医を目指し、糖尿病だけでなく幅広い内科疾患に対応している!
  • インスリンの早期導入も行っており、外来で使用上の注意などを徹底指導!

詳細はこちら

千葉エリア

千葉のおすすめクリニック1

新松戸内科・糖尿病 こばやしクリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医資格を持つ経験豊富な院長が、糖尿病をはじめとした幅広い疾患の診療に従事!
  • 糖尿病などの生活習慣病などの検査機器が充実。糖尿病の合併症検査もばっちり!
  • 通院も苦にならない便利な立地!駅から近く、駐車場も完備!

詳細はこちら

千葉のおすすめクリニック2

とくやまクリニック

おすすめポイント
  • 「まちのお医者さん」を目指しつつ、糖尿病専門による専門性の高い医療を提供!
  • フィットネスクラブを併設し、適正な血糖値をコントロールしていく上で必須の運動も行える!
  • 糖尿病療養指導士や管理栄養士が在籍し、運動や食事など生活習慣の改善を徹底サポート

詳細はこちら

千葉のおすすめクリニック3

おもて内科糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医と循環器専門医や腎臓専門医などの資格を保持する医師達が地域に根付いた医療を提供!
  • 糖尿病治療はもちろんのこと、合併症の専門的な検査や治療を受けることが可能
  • 人工透析治療を実施。万が一、糖尿病による腎症が重症化した場合もスムーズに人工透析に移行!

詳細はこちら

東京エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

神奈川エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

埼玉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

千葉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

日本の糖尿病患者の寿命について

日本の糖尿病患者の寿命について

糖尿病とストレスの意外な関係とは

糖尿病とストレスの意外な関係とは

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~