糖尿病の薬治療と効果について

どんな薬があるの?

食生活や運動習慣の見直しを行っても、血糖値が高い状態が続くときは薬の力を借りて血糖コントロールをしていくことが必要です。適切な薬物療法を続ければ、糖尿病による合併症を併発する可能性を大幅に下げることができます。
では、糖尿病の薬物療法ではどのような薬が使われているのか詳しく見てみましょう。

薬の効果別紹介

糖尿病の薬物療法で使用される薬は大きく分けて、「飲み薬(血糖降下薬)」と「自己注射」があります。それぞれの特徴は次の通りです。

糖尿病の飲み薬

糖尿病は、血糖値を下げるインスリンというホルモンの分泌量が少なくなったり、作用が低下したりすることが原因で引き起こされる病気です。インスリンが正常に機能しなくなることで、血糖値が下がらない状態が続きます。
適正な血糖値をキープするには、「インスリンの分泌量をアップさせること」・「インスリンの効きをよくすること」・「糖分の排出を促すこと」が必要です。そのため、糖尿病の薬物療法では、これらの作用を持つ飲み薬が使用されているのです。
現在、薬物療法で用いられている薬には3つのタイプがあります。

1 インスリンの分泌量をアップさせる薬

スルホニル尿素薬・即効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)・DPP-4薬・GLP-1受容体阻害薬インスリンの分泌を促す働きがあります。
いずれも膵臓を刺激したり、インスリンの分泌を促す別のホルモンの分解を抑制したりすることによってインスリンの分泌量をアップさせます。

2 インスリンの効きを良くする薬

ビグアナイド薬・チアゾリジン薬はインスリンの効きを良くすることで血糖値を下げるタイプの薬です。
いずれもインスリンに対して身体が反応しやすいようにすることで血糖値を下げる働きを発揮します。

3 糖分の排出を促す薬

α-グルコシダーゼ阻害薬・SGLT2阻害薬は糖分の吸収や排泄にアプローチして血糖値を下げるタイプの薬です。
小腸での糖分の吸収を抑えたり、腎臓に働きかけて尿中に糖分が多く排泄されたりするような働きがあります。

また、これら3つにタイプの飲み薬は単独で使用される場合もありますが、2種類以上の薬を組み合わせて使用することも少なくありません。特に良く摂り入れられる組み合わせのものは、それらが一つの錠剤に詰まった「配合剤も販売されています。

糖尿病の注射

薬物療法を行っても血糖値のコントロールが難しい場合は、注射によって不足したインスリンを補う治療が行われます。注射といっても、病院へ行く必要はなく細い針をお腹などの柔らかい組織に自分で刺して薬を注入する「自己注射」による治療です。
自己注射による治療を導入する基準は医療機関によっても異なりますが、2種類以上の飲み薬を使用しても、HbA1値が8%を越えた状態が続くときに実施の検討をするのが一般的です。
また、使用するインスリンも、即効性が高いタイプや長時間作用が続くタイプなどさまざまなものがあります。血糖値が上がりやすいタイミングや時間帯は人によって異なりますので、それぞれの血糖値の状態などを参考にしてどのようなタイプのものを使用すればよいか決定されます。

副作用に注意!

糖尿病の薬物療法で使用する飲み薬やインスリン自己注射は血糖値を下げて、糖尿病によるさまざまな合併症を予防する効果があります。しかしながら、誤った飲み方をしたり、身体のコンディションが悪かったりすると思わぬ副作用を引き起こすことも…。場合によっては一気に血糖値が下がりすぎて意識を失ってしまうことも考えられます。
糖尿病の薬物療法を開始したら、まずは使用する薬にどのような副作用があるのかしっかり把握しましょう。また、不規則な食生活や運動習慣を続けていると、薬を使用するタイミングがバラバラになり、十分な効果が得られないだけでなく、副作用も起こりやすくなります。
薬物療法を始めると、薬で血糖値を強制的に下げているのだから食事や運動に注意しなくて良い…と思い込み、食事療法や運動療法を止めてしまう方も少なくないのが現状です。しかし、薬の効果を高め、副作用を防ぐには生活習慣にも十分に注意するようにしましょう。

効果別副作用を紹介

では、糖尿病の薬にはそれぞれどのような副作用があるのか詳しく見てみましょう。

1 インスリンの分泌量をアップさせる薬

このタイプの薬は低血糖を引き起こすことがあります。というのも、効果が強すぎてインスリンの分泌量が増えすぎることがあるからです。また、十分な食事を摂っていないときや激しい運動の前後に使用すると低血糖を引き起こしやすくなるので注意しましょう。

2 インスリンの効きをよくする薬

このタイプの薬も低血糖を引き起こすことはありますが、他のタイプの薬に比べると発生頻度は低いとされています。そのため、比較的安全に使用できると考えられていますが、むくみ、肝障害、胃腸障害などの副作用が現れることがあります。

3 糖分の排出を促す薬

このタイプの薬は、インスリンの働きに関係しないため、低血糖が生じる危険は非常に少ないとされています。しかし、SGLT2阻害薬は腎臓に働きかける薬であるため副作用として尿路感染症を引き起こすことがあり、α-グルコシダーゼ阻害薬は小腸に働きかけることでお腹の張りを引き起こすことが知られています。

4 インスリンの自己注射

インスリンを直接体内に補うため、糖尿病の薬物療法の中では最も低血糖が起こりやすいのが特徴です。食事や水分摂取量の減少、体調不良など些細な変化があると低血糖がおこりやすくなりますので、徹底した血糖値の管理が必要となります。

まとめ

糖尿病の合併症を予防するためにも、食事療法や運動療法のみでは十分に血糖値が下がらないときは薬物療法が導入されます。現在では、それぞれ働きが異なる7つのタイプの飲み薬と不足したインスリンを補う注射が使用されています。
これらの薬は副作用が現れやすいもの。ご自身の服用している薬にはどのような副作用があるのかしっかり把握し、気になる症状がある方は早めに病院に相談するようにしましょう。

おすすめ糖尿病クリニック

【糖尿病クリニックガイド】がおすすめする主要都市で安心して糖尿病検査が受けられる糖尿病専門医のクリニックをご紹介いたします。 それぞれおすすめポイントを掲載していますので、ぜひご参考ください。

東京エリア

東京のおすすめクリニック1

三鷹駅前内科・内視鏡クリニック

おすすめポイント
  • 日本糖尿病学会認定の糖尿病専門医が在籍!
  • 糖尿病療養指導管理栄養士による栄養指導にも尽力!
  • 2019年4月オープンの新しいクリニックJR三鷹駅から徒歩1分

詳細はこちら

東京のおすすめクリニック2

五十子クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病と共に他の生活習慣病の治療も同時に受けることが可能
  • 医学的な治療だけでなく運動や栄養学を融合した医療を提供!
  • 都内では珍しく駐車場完備!小田急線経堂駅から徒歩7分の立地!

詳細はこちら

東京のおすすめクリニック3

かがやき内科・糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 医師歴20年以上の院長は糖尿病専門医で内分泌代謝科指導医資格なども保持!
  • 各種血液検査装置を揃えており、10分ほどで迅速に結果を知ることが可能
  • 都営浅草線高輪台駅から徒歩1分で周辺にはコインパーキングも点在!

詳細はこちら

神奈川エリア

神奈川のおすすめクリニック1

こみ糖尿病内科

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医資格を持つ女性院長による、きめ細やかな医療を提供!
  • ガイドラインを元に患者さま一人ひとりに合わせた「オーダーメイド」な診察を実施!
  • 糖尿病療養指導士管理栄養士が在籍し、治療だけでなく生活指導や栄養相談も実施!

詳細はこちら

神奈川のおすすめクリニック2

H.E.C サイエンスクリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医・専門医が複数在籍。治療や生活指導のノウハウはバッチリ!
  • 食事指導や運動指導を行う研修センターを併設。薬治療だけでなく生活改善にも尽力
  • 近隣の医療機関と密な連携をとり、緊急性のある合併症への迅速な対応も可能!

詳細はこちら

神奈川のおすすめクリニック3

つつじ内科クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医資格を保持する院長が全般的な内科的疾患の診療に従事!
  • 地域に根付いた医療をモットーに、温かく優しい対応が好評の理由!
  • 医科歯科連携を構築し、全身の健康をサポート。糖尿病と関連する歯周病ケアもバッチリ!

詳細はこちら

埼玉エリア

埼玉のおすすめクリニック1

田中内科 大宮糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病指導医である院長と看護師、管理栄養士からなるチームが治療や生活改善をサポート!
  • 糖尿病に併発しやすい高血圧症・脂質異常症・高尿酸血症などの生活習慣病の治療も!
  • 大宮駅徒歩2分の好立地!長期間に渡る糖尿病治療の通院も苦になりにくい!

詳細はこちら

埼玉のおすすめクリニック2

つのだ内科糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 患者さまの立場にたった診療をモットーに医師や看護師など全てのスタッフが親身に対応!
  • 地域の医療・福祉機関と密な連携をとり、高度な医療機関や福祉サービスへの橋渡しも充実!
  • AGAやEDなど加齢によって生じる男性特有の病気の治療にも積極的に取り組んでいる!

詳細はこちら

埼玉のおすすめクリニック3

草加パートナーズ内科・糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 「全身の血管疾患」の予防と治療の理念を引き継ぎ、糖尿病による合併症予防に注力!
  • 地域のかかりつけ医を目指し、糖尿病だけでなく幅広い内科疾患に対応している!
  • インスリンの早期導入も行っており、外来で使用上の注意などを徹底指導!

詳細はこちら

千葉エリア

千葉のおすすめクリニック1

新松戸内科・糖尿病 こばやしクリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医資格を持つ経験豊富な院長が、糖尿病をはじめとした幅広い疾患の診療に従事!
  • 糖尿病などの生活習慣病などの検査機器が充実。糖尿病の合併症検査もばっちり!
  • 通院も苦にならない便利な立地!駅から近く、駐車場も完備!

詳細はこちら

千葉のおすすめクリニック2

とくやまクリニック

おすすめポイント
  • 「まちのお医者さん」を目指しつつ、糖尿病専門による専門性の高い医療を提供!
  • フィットネスクラブを併設し、適正な血糖値をコントロールしていく上で必須の運動も行える!
  • 糖尿病療養指導士や管理栄養士が在籍し、運動や食事など生活習慣の改善を徹底サポート

詳細はこちら

千葉のおすすめクリニック3

おもて内科糖尿病クリニック

おすすめポイント
  • 糖尿病専門医と循環器専門医や腎臓専門医などの資格を保持する医師達が地域に根付いた医療を提供!
  • 糖尿病治療はもちろんのこと、合併症の専門的な検査や治療を受けることが可能
  • 人工透析治療を実施。万が一、糖尿病による腎症が重症化した場合もスムーズに人工透析に移行!

詳細はこちら

東京エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

神奈川エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

埼玉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

千葉エリアの
おすすめクリニック


詳細・評判を見る

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病検査を受けるor受けない?~糖尿病と感染症・コロナウィルスの関係~

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病の合併症ってどういうのがあるの?

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

糖尿病クリニックを選ぶうえでのポイント

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

どのくらいいる?日本の糖尿病患者数

日本の糖尿病患者の寿命について

日本の糖尿病患者の寿命について

糖尿病とストレスの意外な関係とは

糖尿病とストレスの意外な関係とは

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

監修医・若杉慎司先生のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

執筆者・成田亜希子のプロフィール

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~

内視鏡検査クリニックガイド ~苦痛の少ない胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査のクリニックのご紹介~